人探し調査の費用や内容比較

人探し調査の費用や内容比較

探偵

探偵の料金や調査費用
料金形態
着手金 4万円~30万円
諸経費 5万円前後/一日あたり
成功報酬 5万円~100万円

メリット

専門的な知識や独自の調査方法があるため、成功率は比較的高い。

初恋の人探し、同級生探し、恩人探しなど、連絡を取りたい相手の所在調査や住所調査も行うことが出来る。

デメリット

基本的には、人海戦術で探し人を見つけていくので、1日の調査料金が高額になることが多い。

便利屋

便利屋の料金や調査費用
料金形態
時給 3千円程度
諸経費 1万円前後
成功報酬 なし

メリット

探偵と比べると安価

成果報酬がなく、時給や経費のみの支払い

デメリット

他人を調査するには資格が必要となるため、便利屋には頼めない

弁護士

弁護士の料金や調査費用
料金形態
着手金 5万円程度
その他
  • 債権回収
  • 慰謝料請求
  • 借金回収など
成功報酬 案件による

メリット

弁護士しか照会できないデータベースがある

行方不明者を特定したあとの手続きも行える

デメリット

民事事件でないと依頼できない

債権回収などの依頼も行うと高額となる

興信所

興信所の料金や調査費用
料金形態
着手金 4万円~30万円
諸経費 5万円前後/一日あたり
成功報酬 5万円~100万円

メリット

専門的な知識や独自の調査方法があるため、成功率は比較的高い。

素行調査や浮気調査も行うことが出来ます。

デメリット

基本的には、人海戦術で探し人を見つけていくので、1日の調査料金が高額になることが多い。

個人

個人の料金や調査費用
料金形態
時給 3千円程度
諸経費 1万円前後
成功報酬 なし

メリット

探偵と比べると安価

成果報酬がなく、時給や経費のみの支払い

デメリット

他人を調査するには資格が必要となるため、資格の無い人には頼めない

自分

自分の料金や調査費用
料金形態
時給 なし
諸経費 1万円前後
成功報酬 なし

メリット

自分で探す場合は、給与などは発生しないが、諸経費は自分で支払う必要がある

デメリット

専門知識がないため、行方不明者などを探し出せる保証がない

また、実際に探すために多くの時間が掛かる